1. ゼルダの伝説 >
  2. 神々のトライフォース >
  3. 攻略チャート >
  4. はぐれ者の村クリア後

はぐれ者の村クリア後

パワフルグローブを入手したことにより、新たに入手できるようになったアイテムがいくつかあるので、それらを取りに行きましょう。

レベル3の剣

はぐれ者の村から南下したところ (マトアテ屋の左上) に、黒い岩に閉じ込められているカエルがいます。
このカエルは光の世界の鍛冶屋に住んでいた人です。
そういえば、鍛冶屋の小人じいさんが相棒とはぐれてしまったという話をしていましたね。
その相棒が闇の世界に迷い込んでいたのです。
光の世界に戻ると、鍛冶屋のじいさんと同じグラフィックに戻り、そのまま鍛冶屋に連れて行くと、めでたく再会となります。
いったん鍛冶屋から出て再び入ると、10ルピーでマスターソードを鍛えてくれると言います。
この10ルピーの意味は、一体何なのでしょうか。
助けてもらったお礼に剣を鍛えるのならばお金は取らないはずですし、礼を言う気がないのなら、もっと高額な料金を請求するはずです。
身代金と鍛錬代を相殺したら、リンク側がマイナス10ルピーだったということでしょうか。
何はともあれ、10ルピーを払って剣を渡すと、しばらく剣は引き上げとなります。
しかし、この2人の作業は非常に早く、鍛冶屋のあるマップからいったんカカリコ村のマップに移動し、すぐに鍛冶屋に戻ってくると、レベル3の剣が出来上がっています。
これで、攻撃力がマスターソードの2倍に上がり、攻略がぐっと楽になりました。
なお、剣を預けた状態では、くれぐれもセーブしたり敵にやられたりして強制移動させられないようにして下さい。

杭を叩いてハートのかけら

次は、闇の世界で鍛冶屋に相当する場所に行ってみましょう。
つまり、はぐれ者の村から右に行ったマップですね。
この空間は黒い大岩で塞がれているため、パワフルグローブがあって初めて入れる場所です。
特に入れるような場所は見当たらないのですが、薄紫の杭がいくつもあることにお気づきでしょう。
この杭をすべて叩くと、下にある切り株が洞窟に変わり、中に入れるようになります。
洞窟内でハートのかけらを入手できます。

宝箱に空きビン

そして、光の世界で鍛冶屋だった家は、闇の世界では無残にも崩壊した家になっています。
その家をよく見てみると、(鍛冶屋の相棒を助けた後ならば) 青い宝箱が置かれています。
ボタンを押しても開けることはできませんが、なぜか後ろに引きずって歩くことができます。
キャスターでもついているのでしょうかね。
この宝箱を開けるには、光の世界にいる変なおじさんの手を貸してもらいます。
あやしの砂漠入口に座っていた変なおじさんのもとへ行きましょう。
変なおじさんは元盗賊なので、宝箱を見事に開けてくれます。
中からビンを入手できます。
空箱に入っている価値をこじつけるために、空きビンではなく「ビン」と制作者が名付けたのかもしれませんね。

とりあえず水のほこらをクリアしよう

他にもこの段階で入手できる資産 (主にハートのかけら) はありますが、いずれも行くのが面倒な場所にあります。
具体的に言えば、悪魔の沼とデスマウンテンの東側です。
そんなところまで行くのは、必要になってからにしたほうが効率的でしょう。
まずは便利なフックショットを入手するため、レベル2のダンジョンである水のほこらに行き、その後にドクロの森を攻略しましょう。