1. ゼルダの伝説 >
  2. 神々のトライフォース >
  3. 攻略チャート >
  4. マスターソード入手~司祭の塔

マスターソード入手~司祭の塔

ヘラの塔をクリアして紋章がそろったら、いよいよマスターソードの抜き取り作業です。
迷いの森へ向かいましょう。

山から下りるには?

マスターソードがある迷いの森へ行くには、まずヘブラ山を下りなければなりません。
セーブすれば簡単に教会にワープできますが、ゲーム回数を増やしたくない場合は、下山ルートを通りましょう。
老人がいる洞窟の左上、長いはしごがかかっているところにある洞窟を通ると、きこりの家の近くに下りることができます。

マスターソード入手

迷いの森の一番左上にマスターソードの刺さった台座があります。
ムドラの書を使う必要はなく、後ろに回り込んでYボタンを押すと、輝かしい音楽とともに霧が晴れ、マスターソードが我が物となります。
しかし、こんな神聖な剣といえども、4段階あるうちのレベル2の剣なのです。
まだまだ先は長いので安心して下さい。

さて、森を出ようとすると、ゼルダ姫の「助けて!」テレパシーです。
どうやら教会にいることが兵士に分かってしまい、またしてもさらわれてしまったようでうす。
急いで教会に行ってみると、そこには神父が倒れています。
ゼルダ姫がハイラル城の一番上の部屋に連れて行かれたとの情報を残し、死んでしまいます。
ちなみに、マスターソードを入手した直後、広場から出る前にセーブしてしまうと、ゼルダ姫のテレパシーが聞けません。
この状態で教会から始めると、いきなり神父が倒れていて話の流れがつかめなくなるかもしれませんね。

エーテルの魔法を入手しておくべきか

マスターソードを持っていれば、ヘラの塔の西にあった石版で、魔法のメダル「エーテル」を入手することができます。
またヘブラ山に向かうのは面倒だと思いますが、画面上の敵を一度に凍らせることができる便利な魔法なので、この時点で取っておきましょう。
エーテルは、兵士が大量発生する司祭の塔で役立ります。