1. ゼルダの伝説 >
  2. 夢をみる島DX >
  3. データ >
  4. テクニック・小ネタ

テクニック・小ネタ

『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』で、通常のプレイでは分かりにくいテクニックや小ネタを紹介します。

便利技

効率よくルピーを集めるには?

宝箱から200ルピーなどが普通に手に入る今作では、お金の心配はさほどする必要はないと思われますが、何らかの事情で弓を早期に買いたいこともあるかもしれません。
そこで、お金を貯めるのに便利なスポットを紹介しましょう。

今流行りのゲーム
初期から始められるお金稼ぎとしては、クレーンゲームが一番でしょう。
ここでは後述する確実に取れるテクニックを使って30ルピーを取り続ければ、簡単にお金が貯まります。
服のダンジョン
最も簡単で反則的にお金を集められるのは、服のダンジョンのルピー部屋です。
ここでは合計140ルピーが手に入り、しかもダンジョンを出てから入れば何度でも入手できるチート部屋です。
ここを利用すれば、あっという間に999ルピーを貯められます。
ただし、服のダンジョンにはレベル2のダンジョンをクリアしないと入れません。
急流すべり
後述するルートで進めば、1回につき50ルピーを稼げます。
しかし、かかる時間を考えるとクレーンゲームのほうが明らかに得でしょう。
そもそも急流すべりができるようになるのは水かき入手後なので、あまり現実的ではありません。

爆弾矢

爆弾と矢の両方を装備し、両方のボタンを押すと爆弾矢を撃てます。
その名の通り、先端に爆弾が付いた矢が飛んでいき、壁や敵に当たった瞬間に爆発する強力な武器です。
爆弾が爆発するまでのタイムラグがないため、ウィズロープを倒すときなどに便利です。
また、穴や溶岩の先にある壁やブロックを遠くから破壊することができます。
これを利用すれば、動物村の洞窟で手間をかけずにハートのかけらを取れたり、カメイワをショートカットクリアすることも可能です。
爆弾矢を撃つコツとしては、同時に押すのではなく、ほんの少しだけ爆弾ボタンを早く押すことです。

ミニゲーム攻略法

今流行りのゲームで確実にアイテムを取る方法

下記のようにすると、狙ったアイテムが確実に取れます。

  • まずBボタンでクレーンをベルトコンベアの左上の角まで持ってきて、ほしいアイテムが右の辺の真ん中まで来たらAボタンをチョンと押す。

急流すべり

下のマップで赤の矢印の通りに進めば、最大150ルピーを入手できます。
フィールドマップをコンプリートし、宝箱もすべて開けた状態にしたいのならば、緑の矢印にも進んでください。
いずれもスタートは、左の奥の滝から落ちるようにします。

  • マップを読み込めませんでした。

反則技

泥棒

メーベの村の道具屋は、店主に気づかれずにアイテムをただで持ち出すテクニックが存在します。
店主が右を向いている隙に入口まで行けば、アイテムを盗むことができます。
具体的には次のようにします。

  • アイテムを取り、店主の背後に回って店主に右を向かせます。そして、店主が右を向いている隙に素早く入口に向かいます。

店主が左を向くタイミングにはランダム性があるので、1回ではなかなか成功しません。
経験者であっても、何回かやっているうちに成功するパターンがほとんどです。
泥棒が成功すれば、持ちだしたものはアイテム欄にしっかり反映されています。

しかし、このテクニックを実行した後は、あらゆるメッセージで自分の名前がどろぼーになり、この汚名を返上する方法はありません。
また、再び道具屋の中に入ると、店主に強力なビームを浴びせられ、抵抗もできずにゲームオーバーになってしまいます。
その後はまた道具屋で買い物ができるようになりますが、ノーコンティニュークリアを目指す場合は、二度と道具屋は利用できなくなります。
ゲームオーバー歴を作らず、かつゲームを行き詰まらせないように泥棒するには、弓を盗むとよいでしょう。
もちろん、その場合もどろぼー呼ばわりされることは避けられません。
写真には泥棒すると撮られるものが1枚あります。
写真をコンプリートする場合は、必ず一度は泥棒しなければなりません。

アイテムを買ってもルピーが減らないテクニック

アイテムを購入した直後、ルピーが減っている最中にセーブすると、そこでルピー減少がストップします。
これを利用すれば、980ルピーの弓を買っても所持金がほとんど減らないようにすることが可能です。
さすがにマムーに曲を教えてもらうときは、このテクニックは使えません。
なお、セーブしてルピーの変化が止まるのは、ルピーが増加するときも同様なので、宝箱から200ルピーを手に入れたときにすぐにセーブしてしまうと、10ルピーしか増えなかったということになりかねません。

ゲームオーバー回避

ライフが 0 になって倒れたら、ゲームオーバー画面が出る前にA・B・スタート・セレクトを押してセーブしてしまいましょう。
これでゲームオーバーになる前にセーブできるので、ゲームオーバー回数が増えるのを防ぐことができます。
これだとライフは 0 でスタートするのでは?と思いますが、ライフはゲームオーバー直後の値に回復しています。
卑怯ですが便利なテクニックです。

マリンと一緒のときに起こること

マリンと一緒のときでないと撮れない写真が3枚あるほかに、次の場面でマリンがしゃべります。

壺を割る
「いけないんだー」という、小学校でありがちな叱責を受けます。
ごく稀に「どんどんブチ壊して!」と幇助されます。
タンスや本棚を調べる
「いつもこんなことしてるの?」と常識を疑われます。
4コマコミックでは「それで島流しになったのかも」というオチがありました。
ニワトリを叩く
通常は「可哀想だからやめなさい」と言われますが、ごく稀に壊れて「もっとやれー!」と幇助されます。
スコップで地面を掘る
「掘って掘って掘りまくって!」と壊れます。
オカリナ1 (かぜのさかな) を吹く
「イマイチ」と評価されます。
今流行りのゲームに行く
マリンが勝手にプレイして、店主を掴み上げます。
激怒した店主に追い出されてしまいます。
ダンジョンに入る
マリンは外で待つことになり、出てきたときに話しかけてきます。
すぐに戻ってくると「遅かったね」、少し時間をかけると「ケガしなかった」、ライフをたくさん減らして戻ってくると「すごいケガ!」となります。

その他

特別な名前を入力すると BGM が変わる

新しくデータを作って主人公の名前を入力するとき、その名前によって、データ選択画面の BGM が変化することがあります。
まず、「ぜるだ」と入力すると、メインテーマをアレンジした BGM が流れます。
また、「とたけけ」 (開発スタッフの名前) と入力すると、おちゃらけ風の BGM が流れます。
どちらも変化するのは入力完了直後の1回だけで、次にデータ選択画面を開いたときは元の BGM に戻っています。

魔法の粉で変化するもの

魔法の粉は燭台に火をつけたり敵を燃やしたりするアイテムですが、使う対象によっては特異な効果が表れることがあります。
まず、バズブロブに使うと、ファンキーな表情のノモスに変化します。
このノモスには話しかけることもできて、Rモトという名前で意味深なことを言います。
また、ヤーナ砂漠のガイコツ (流砂の右下のマップ) に使うと、「流砂の下で爆弾を使ってみろ」ということを教えてくれます。
あのハートのかけらを見つけるよりも、このガイコツが話すことに気づくほうが難しいと思われますが、とりあえず親切なアンデッドモンスターです。
アンデッドと言えば、入り江の家の幽霊を墓に返した後、その墓石に魔法の粉をかけると「ゴホゴホ」とむせる声が聞けます。
これは何の役にも立ちませんが、ミニギャグとしては良い味かもしれません。
あと、魔法の粉はスパークとバブルを倒す働きがあることは有名な話です。

ワンワンの働きぶり

壺の洞窟をクリアした時点で返して問題ないワンワンですが、そのまま連れ続けると思いがけない行動を取ってくれます。
まず、トロンボ海岸のサル (とたけけ) のところに連れて行くと食べてしまいます。
開発スタッフが食べられてしまったので、このゲームもとうとう遺作になってしまいました。
また、ワンワンは地面に何かが埋まっているところに連れて行くと「ここほれバウバウ!」と吠えて教えてくれます。
このように、名前は日本語、実際の鳴き声は英語であることが判明します。

ニワトリの大群

ニワトリを同じ画面で35回叩くと、大群が上下左右から襲ってきます。
襲ってくるニワトリたちは非常に頑丈で、剣で斬ろうとしてもこちらが弾かれてしまいます。
マップを移動すれば逃げられますが、倒すことはできません。
ただし、元になったニワトリをマジックロッドなどで燃やせば退散します。
見て分かるとおり、このニワトリたちは空を飛んでいます。
そこで、ニワトリ小屋のおじさんにこのニワトリを見せれば喜ぶと思ったのですが、あの小屋ではニワトリの大群は襲ってこないようです。

スコップでラスボスを倒す

シャドーの第2形態が放ってくる魔法弾は、スコップでもはね返すことができます。
剣ではね返す場合より若干有利な点として、魔法弾が確実に相手のところへ跳ね返ります。